コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川荒五郎(3代) いちかわ あらごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川荒五郎(3代) いちかわ-あらごろう

1833-1906 幕末-明治時代の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)4年生まれ。5代市川団蔵に入門,団次郎を名のる。大坂の稲荷(いなり)芝居に出演。明治5年3代荒五郎を襲名し,大阪の筑後(ちくご)芝居の「殿下茶屋聚(むら)」で敵役役者の地位を確立。当たり役は「崇禅寺馬場」の生田伝八郎など。明治39年2月24日死去。74歳。大坂出身。本名は小川荒五郎。俳名は市眼。屋号は三河屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川荒五郎(3代)の関連キーワード歌舞伎役者明治時代天保

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android