市村玉柏(読み)いちむら たまがしわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村玉柏 いちむら-たまがしわ

1687-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。桜山庄左衛門の娘婿。2代市村竹之丞(たけのじょう)の門下という。元禄(げんろく)末から上方の若女方として活躍。正徳(しょうとく)5年(1715)から3年間江戸で舞台をつとめる。以後おもに大坂で演じたが,享保(きょうほう)15年(1730)以降の活動は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android