市村玉柏(読み)いちむら たまがしわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村玉柏 いちむら-たまがしわ

1687-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。桜山庄左衛門の娘婿。2代市村竹之丞(たけのじょう)の門下という。元禄(げんろく)末から上方の若女方として活躍。正徳(しょうとく)5年(1715)から3年間江戸で舞台をつとめる。以後おもに大坂で演じたが,享保(きょうほう)15年(1730)以降の活動は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android