希勤(読み)けごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

希勤 けごん

1650-1681 江戸時代前期の僧。
慶安3年生まれ。河内(かわち)(大阪府)の人。延宝4年浄厳(じょうごん)のもとで得度。師にしたがって讃岐(さぬき)(香川県)善通寺にうつり真言の講義をきくが,学問をこのまず,河内の息心庵にしりぞいて修法にうちこみ,霊験をあらわしたという。8年灌頂(かんじょう)をうけた。延宝9年5月17日死去。32歳。字(あざな)は実乗

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android