コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希書/稀書 キショ

デジタル大辞泉の解説

き‐しょ【希書/×稀書】

なかなか手に入らない珍しい書物。希覯本(きこうぼん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

希書

需要のある本であるが,古書籍市場でまれにしか入手できない珍しい本.珍本(ちんぽん),稀覯書(きこうしょ)ともいう.希書は残存部数の少なさだけで決まるのではなく,需要に対する希少性によって希書になる.図書館では希書はすべて貴重書として取り扱われるが,貴重書は希少でなくてもそれ自体非常に高額であることなどの他の条件を持つものである.希書は貴重書とともに,利用よりは保存に重点が置かれ,別置して一般の資料と区別して特別の取扱をする.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

希書/稀書の関連キーワードベックフォード松井佳一狩谷棭斎図書寮禁帯出判型

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android