師管(読み)しかん(英語表記)sieve tube

翻訳|sieve tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

師管
しかん
sieve tube

篩管とも書く。植物体の師部 (靭皮部) にあり,その主要な構成要素となっている管状の細胞,またはその細胞から成る組織。師管細胞は縦に連なり,その互いに接する隔膜は師板といい,多数の師孔という小孔によって貫かれている。したがって師管は長い管の構造をもっており,通道の作用をしている。道管が水分上昇の通道をなしているのに対し,師管は養分下降の通道をなしている。ブドウなどでは秋になると師板の両側にはカルスが沈着してこの養分の通路は閉ざされるが,翌春再び開通する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

師管【しかん】

篩管とも書き,ふるい管ともいう。被子植物の維管束の師部にある組織で,師管細胞が縦に連なったもの。同化産物などの移動の通路となる。師管細胞は円柱状または多角柱状で,原形質はあるが成熟途上で核を失い,上下両端の壁はふるいに似て多数の小孔のある師板となる。また側面には伴細胞という小さい細胞が付随する。裸子植物およびシダ植物の師部には,師管細胞に似た師細胞がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかん【師管 sieve tube】

篩管とも書き,〈ふるいかん〉とも読む。被子植物の維管束の中にあって,師部を構成する細胞の一つで,体内でつくられた養分の通道の機能を果たす。縦に細長い形をし,両端面は穴のあいた板状の師板sieve plateとなり,互いに連結する。生きてはいるが核はなく,通道のため特殊化した細胞である。師管に平行して伴細胞がならんでいるが,これは核をもった細胞で,師管のはたらきに密接に関連していると考えられている。シダ植物や裸子植物には師管のかわりに師細胞sieve cellがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の師管の言及

【維管束】より

… 維管束は木部と師部からなり,内皮によって囲まれる場合もあればそうでない場合もある。木部は道管仮道管・木部柔組織・木部繊維から,師部は師管・師部柔組織・師部繊維などからできている。木部は水分が,師部は養分が移動する通路であるが,その運搬機構については詳しくはわかっていない。…

※「師管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android