帰社(読み)きしゃ

精選版 日本国語大辞典「帰社」の解説

き‐しゃ【帰社】

〘名〙
出先から会社へること。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「探報者が帰社(キシャ)しての話」
退社した人が再び同じ会社に戻ること。
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「宅行帰省の方及退社の方は六ヶ月以内に帰社して戴だけば」
③ 神社に戻ること。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉六月暦「吾妻橋から引返して午後の八時に帰社(キシャ)すると云ふ一風変った神輿(みこし)渡御(とぎょ)が有った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android