コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳切 ちょうぎり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帳切
ちょうぎり

江戸時代,都市における家屋敷の売買に伴う土地台帳上の名義書換え手続をいう。売買証文の授受にあたり当事者は帳切を申請し,町役人はそれにより台帳上の当該部分に切張りして新しい持主の名を記入した。その際,帳切銀と称する手数料がかかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

帳切の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android