コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳外 ちょうはずれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帳外
ちょうはずれ

ちょうがい」ともいう。江戸時代,検地帳宗門人別帳 (→宗門改帳 ) の台帳に記入されないこと,また記入されない者をいう。 (1) 百姓として検地帳に記入されない隷属的性格の濃い農民と,(2) 親族関係の断絶の行為によって,あるいは貧窮のため欠落することによって,宗門人別帳からその名が削除され,記入されない者とがあった。後者の場合帳外された者は無宿人となった。 (→無宿 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐がい〔チヤウグワイ〕【帳外】

とばりの外。幕の外。
帳面に記入してないこと。
「相宿の木まくらに結ぶ縁は出雲の―」〈滑・膝栗毛・六〉
帳外(ちょうはず)れ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうはずれ【帳外】

〈ちょうがい〉ともいう。江戸中期以降,行跡悪く親や兄弟,親類などに難題がかかるのをさけるため,〈宗門人別帳〉からはずして,村を追放された者などをいう。無宿ともいう。当時は刑罰連座制であるため,不法行為を行うおそれのある子をもった親は,その子を勘当し,さらに人別帳からの抹消を願い出て公認されると,その子は帳外となる。18世紀末の天明期(1781‐89)ごろから勘当が同時に帳外となるようになり,19世紀初頭の文化期(1804‐18)ごろからは勘当されていない要注意者を村役人が帳外扱いをして,人別帳に札をつけておくところから,〈札つき〉の称がおこったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうがい【帳外】

とばりの外。幕の外。
帳面にしるしてないこと。
ちょうはずれ(帳外) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の帳外の言及

【帳外】より

…無宿ともいう。当時は刑罰が連座制であるため,不法行為を行うおそれのある子をもった親は,その子を勘当し,さらに人別帳からの抹消を願い出て公認されると,その子は帳外となる。18世紀末の天明期(1781‐89)ごろから勘当が同時に帳外となるようになり,19世紀初頭の文化期(1804‐18)ごろからは勘当されていない要注意者を村役人が帳外扱いをして,人別帳に札をつけておくところから,〈札つき〉の称がおこったという。…

【無宿】より

…江戸時代,百姓・町人などで人別帳から除かれ(帳外(ちようはずれ)という),居所を定めず放浪し,無頼を働く者を無宿といい,やくざ仲間や犯罪人などは生国を冠して,上州無宿何某などと呼んだ。その原因は多様であるが,貧窮による欠落(かけおち)や家出のほか,親から久離勘当されたり,博打(ばくち),窃盗,刃傷(にんじよう),失火などの罪によって軽追放,所払(ところばらい)などの刑に処せられた場合などがある。…

※「帳外」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帳外の関連キーワード帳外(ちょうはずれ)帳外(ちょうがい)名子被官制度正倉院薬物漁業年貢かけおち若者組見捨地帳外れ帳面浮役相宿

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android