コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳場格子 チョウバゴウシ

3件 の用語解説(帳場格子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうば‐ごうし〔チヤウばガウシ〕【帳場格子】

商店などで、帳場のかこいに立てる低い衝立(ついたて)格子。多くは二つ折り、または三つ折り。結界(けっかい)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうばごうし【帳場格子】

和風の商店,旅宿などの帳場(勘定や帳付をするところ)の三方を囲う細かいたて格子。結界ともいう。この囲いの中に主人や番頭がすわって机に向かい,商売の事務をとる。仏教では僧俗の座席を分けるための木柵を〈結界〉というが,帳場格子はもと仏教の結界から始まったものと思われる。今日の銀行出納室のスクリーンも帳場格子と同じ意味をもつ。【蔵田 周忠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうばごうし【帳場格子】

商店などで帳場の囲いに立てた、二つ折りまたは三つ折りの低い格子。結界。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帳場格子の関連情報