コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津兼太夫(3代) ときわず かねたゆう

2件 の用語解説(常磐津兼太夫(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津兼太夫(3代) ときわず-かねたゆう

1761-1814 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宝暦11年生まれ。常磐津節。江戸屋兼吉という魚商。2代兼太夫の弟子。2代組太夫,初代綱太夫をへて,文化6年3代を襲名。従来の常磐津の節付けに改訂をくわえたとされる。文化11年7月27日死去。54歳。江戸出身。通称は本芝のまぐろ兼太夫。号は芝中(しちゅう),松寿斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常磐津兼太夫(3代)

没年:文化11.7.27(1814.9.10)
生年:宝暦11(1761)
江戸中期の常磐津節の太夫。本業は魚商で,名は江戸屋兼吉。号は芝中,松寿斎。通称本芝のまぐろの兼太夫。2代目兼太夫の弟子で,2代目組太夫,綱太夫を経て,文化6(1809)年3代目を継ぐ。『老の戯言』によると,従来の常磐津節を改訂,今日に伝わる語り口を形成したという。<参考文献>岩沙慎一『江戸豊後浄瑠璃史』

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常磐津兼太夫(3代)の関連キーワード素浄瑠璃寄進浄瑠璃時代浄瑠璃世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃江戸半太夫(5代)江戸半太夫(6代)かほ一竹本梶太夫(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone