戯言(読み)ぎげん

精選版 日本国語大辞典「戯言」の解説

ぎ‐げん【戯言】

〘名〙 たわむれの言葉。ざれごと。じょうだん。
※菅家文草(900頃)四・水辺試飲「戯凜々秋難酔」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「戯言(ギゲン)ともかず罵詈(ばり)とも附かぬ曖昧なお饒舌(しゃべり)に」 〔史記‐晉世家〕

け‐げん【戯言】

〘名〙 たわむれごと。ざれごと。冗談。ぎげん。けごん。〔文明本節用集(室町中)〕
※渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉七六「往々戯言(ケゲン)を吐いて尊厳を冒すことがある」

たわれ‐ごと たはれ‥【戯言】

〘名〙 たわむれて言うことば。冗談。たわぶれごと。
源氏(1001‐14頃)浮舟「されどさやうのたはれごともかけたまはず」

け‐ごん【戯言】

〘名〙 =けげん(戯言)日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「戯言」の解説

たわ‐ごと〔たは‐〕【戯言】

《古くは「たわこと」とも》たわけた言葉。ばかばかしい話。また、ふざけた話。「戯言を聞くほど暇じゃない」「戯言をぬかすな」
[類語]痴れ言無駄口愚痴寝言ざれ言妄言うわごと放言暴言失言出任せ言い過ぎ過言口が過ぎる言い過ぎる

ぎ‐げん【戯言】

たわむれにいう言葉。冗談。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「戯言」の解説

【戯言】ぎげん

たわむれいう。唐・元悲懐を遣(や)る、三首、二〕 昔日、戲れに言ふ、身後の 今、皆眼に到り來る

字通「戯」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android