コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津松尾太夫(3世) ときわずまつおだゆう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津松尾太夫(3世)
ときわずまつおだゆう[さんせい]

[生]1875.9.7. 神奈川,逗子
[没]1947.7.13. 東京
常磐津節浄瑠璃方(太夫)。本名福田兼吉。1895年 7世岸沢式佐に師事し,常磐津小和登太夫,1900年 2世常磐津三登勢太夫を名のり,翌 1901年3月東京新富座における 1世中村吉右衛門の『法界坊』で初めて劇場に出勤。のち明治の邦楽界を代表する名人とうたわれた常磐津林中の門に入り,1906年に師の前名松尾太夫の 3世を襲名する。劇場向きの大音にして美声で人気を得て,林中没後,大正から昭和前半にかけて第一人者として活躍する。妻は 12世守田勘弥の娘で,6世岸沢式佐の養女岸沢むめ。長男正次は 1926年に常磐津三東勢太夫,二男光吉は 1933年に常磐津千東勢太夫を名のった。三東勢太夫は 50歳過ぎ頃から病気がちであったが,千東勢太夫は 1938年に立語りとなり,父のあとを継いで浄瑠璃方の代表的存在となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の常磐津松尾太夫(3世)の言及

【良寛と子守】より

…良寛を13世守田勘弥が演じた。作曲3世常磐津文字兵衛,3世常磐津松尾太夫。振付7世藤間勘十郎。…

※「常磐津松尾太夫(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常磐津松尾太夫(3世)の関連キーワードフランス共和国憲法チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ポピュリスト党ロダンゴシケビッチコットシャンボンフィッセル岩崎弥太郎閃長岩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android