コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンガ Tonga

翻訳|Tonga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンガ
Tonga

正式名称 トンガ王国 Kingdom of Tonga
面積 748km2
人口 10万4000(2011推計)。
首都 トンガタプ島のヌクアロファ

南太平洋,トンガ諸島からなる国。フィジーの東方,サモア諸島の南方に位置。北部のババウ島,中部のハアパイ島,南部のトンガタプ島の3島と,ババウ諸島北方の孤島ニウアフォー島,ニウアトプタプ島など計 169の火山島,サンゴ島からなる。南方から北北東にかけてトンガ海溝が走る。 10世紀にはトゥイ・トンガ家の統治する王国が成立し,1616年オランダ人がトンガ諸島北部の島々に来航してからヨーロッパとの接触が始まった。 1862年ジョージ・ツポウ1世により立憲君主制が確立され,キリスト教に改宗した。 1900年イギリスの保護領となり,1970年独立,イギリス連邦に加盟した。農業国で,熱帯作物を栽培。主要輸出品はコプラやバナナなど果実・野菜類。住民の大部分を占めるトンガ人ポリネシア系で,体型,言語ともサモア諸島民に近い。公用語はトンガ語と英語。西欧の文化を多く取り入れているが,トンガ社会では血縁,身分を重視する伝統が生きている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トンガ

太平洋のポリネシアに属し、約170の島からなる王国。1900年から70年間、英国の保護領だったが、植民地になったことはない。人口は約10万6千で、ほとんどがキリスト教徒。近年は民主化運動が盛り上がり、2006年に首都ヌクアロファで起きた暴動では死者も出た。12年3月に国王のツポウ5世が死去し、弟のラバカ皇太子が即位。今年7月、ツポウ6世としての戴冠(たいかん)式が行われた。

(2015-09-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トンガ(Tonga)

南太平洋中部にあるトンガ諸島を占める王国。首都はトンガタプ島北岸のヌクアロファ。住民はポリネシア系のトンガ族。1900年に英国の保護領、1970年に独立。人口12万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トンガ

◎正式名称−トンガ王国Kingdom of Tonga。◎面積−748km2。◎人口−10万3000人(2011)。◎首都−ヌクアロファNukualofa(2万人,2011)。
→関連項目トンガタプ[島]ポリネシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トンガ【Tonga】

正式名称=トンガ王国Kingdom of Tonga面積=747km2人口(1996)=10万人首都=ヌクアロファNukualofa(日本との時差=+4時間)主要言語=トンガ語,英語通貨=パアンガPa’anga南太平洋,ポリネシアにある王国。
[自然]
 トンガ諸島は南北に走る2列の山脈からなっている。太平洋の深い海底から隆起しているこの山脈は,西側ではトフア,ラテなどの高い島となって海面上にそびえるが,東側ではそれより低く,山頂をサンゴ礁が覆っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トンガ【Tonga】

南太平洋、トンガタプー諸島を領土とする立憲君主国。住民はポリネシア人。コプラを産出。1970年イギリスから独立。首都ヌクアロファ。面積700平方キロメートル。人口10万( 2003)。正称、トンガ王国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

トンガの関連キーワードケルマデク[諸島]ハアモンガの三石塔エペリ ハウオファニウアフォオウ島ケルマデック海溝トンガタプ[島]フレンドリー諸島T.4世 ツポウポリネシア語派トンガ(民族)南西太平洋海盆オホレイビーチヒメアオバトハアパイ諸島ニウアス諸島ニウエ[島]ツポウ4世ツポウ5世立憲君主国リフカ島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トンガの関連情報