常磐満作(読み)トキワマンサク

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐まんさく〔ときは‐〕【×磐満作】

マンサク科の常緑小高木。伊勢神宮付近および熊本に自生し、葉は卵形。5月ごろ、緑がかかった白色の4弁花を開き、実は熟すと黒色の種を出す。栽培もされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときわまんさく【常磐満作】

マンサク科の常緑小高木。中国南部・インドに分布。日本では伊勢神宮と熊本県に自生。葉は互生し、卵状楕円形。五月頃、短枝の先に白色の四弁花を束生する。花弁は細長い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

常磐満作 (トキワマンサク)

学名:Loropetalum chinense
植物。マンサク科の常緑小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ときわ‐まんさく ときは‥【常磐満作】

〘名〙 マンサク科の常緑高木。多くの小枝を出し、しだれる。中国中南部及びインド東北部の原産で、日本では庭木として栽植されるが、伊勢および熊本に自生品種がある。葉は互生し革質で卵形、長さ約三センチメートル幅約二センチメートル。裏面に柔らかい星状毛を密生する。五月、小枝から伸びた短い花軸に黄白色の両性花数個ずつつける。花には四枚の花弁と四個の雄しべの他に鱗片状の退化雄しべが四個ある。果実は蒴果で黒色の種子が二個ある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android