常語(読み)ジョウゴ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ご〔ジヤウ‐〕【常語】

ふだん使っている言葉。話し言葉。
「古語は…芭蕉一派が―との調和を試み十分に成功したる者」〈子規・俳人蕪村〉
いつもきまって言う言葉。常套(じょうとう)語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐ご ジャウ‥【常語】

〘名〙
① いつもいうことば。普段口にすることば。常套語。
※随筆・秉燭譚(1729)三「仏氏偈頌の辞、世間に記憶して常語となること多し」 〔新唐書‐魏徴伝〕
② 日常使っていることば。話しことば。口語。
※俳人蕪村(1897)〈正岡子規〉用語「古語は元祿時代に在りて芭蕉一派が常語との調和を試み十分に成功したる者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android