コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕末遣欧使節 ばくまつけんおうしせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幕末遣欧使節
ばくまつけんおうしせつ

幕末~明治維新の間に江戸幕府がヨーロッパ諸国に派遣した外交使節。万延1 (1860) 年の遣米使節 (→万延元年遣米使節 ) と明治4 (71) 年の岩倉遣外使節との間に5回を数えた。 (1) 文久1 (61) 年 12月 24日,勘定奉行竹内下野守保徳を正使外国奉行松平石見守康直を副使として,一行 22名が横浜を出発,フランス,イギリス,オランダ,プロシア,ロシアおよびポルトガルの6ヵ国を歴訪して,江戸,大坂の両市,兵庫,新潟の両港の開市開港延期を談判し,かつロシアでは樺太国境問題を議し,同2年 12月9日帰国した。 (2) 同3年 12月 29日,外国奉行池田筑後守長発 (ながおき) を正使,同河津伊豆守祐邦を副使として,一行 35名が横浜を出発,鎖港談判のためフランスにおもむいたが,目的を果さず元治1 (64) 年7月 18日帰国,開国の必要を力説ののち譴責を受けた。 (3) 慶応1 (65) 年閏5月5日,外国奉行柴田日向守剛中を特命理事官として横浜を出発,イギリス,フランスで横須賀製鉄所創設のための技師の雇い入れ,機械用具買付けの交渉を行い,同2年1月 26日帰国した。 (4) 同2年 10月 12日,箱館奉行兼外国奉行小出大和守秀実を樺太境界談判使節として,一行 11人をロシアに派遣,樺太の両国共有を取決め,同3年5月8日帰国した。 (5) 同3年1月 11日将軍徳川慶喜の実弟徳川民部大輔昭武 (清水家) 一行 21名がパリ万国博覧会参列のため横浜を出発,フランス駐在公使向山隼人正も同行,パリでは小出一行と邂逅,ナポレオン3世に謁見後,イギリス,スイス,オランダ,ベルギー,イタリアを歴訪,昭武はパリに5年間留学の予定であったが維新の改変を知って明治1 (68) 年 12月3日帰国した。以上のうち (3) を外交使節と数えない説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

幕末遣欧使節の関連キーワード池田長発

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android