コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩倉遣外使節 いわくらけんがいしせつ

2件 の用語解説(岩倉遣外使節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩倉遣外使節
いわくらけんがいしせつ

明治4 (1871) 年から2年間にわたって明治政府が欧米諸国に派遣した使節団。右大臣岩倉具視全権大使としたため,この名がある。この使節団派遣の目的は,幕末に締結された不平等条約によって,領事裁判,片務協定税率など,日本が政治的,経済的に少なからぬ国益の損失をこうむっていたので,その改正の予備交渉を行うことにあった。この年に派遣されたのは,アメリカとの通商条約を改正しうる期限が,翌同5年に到来するからでもあった。さらにまた明治新政府は,海外諸国の富強をつぶさに視察して国力の発展をはかる政策をも進めなくてはならず,使節団はその使命をも兼ね与えられていた。特派全権大使岩倉のもとに,木戸孝允大久保利通伊藤博文ら新政府の中心人物が副使となり,このほか当時の指導的な官僚らが多く加わった。使節団の総数は 108人に上り,うち 48人が官員で構成され,ほかに留学生として津田梅子ら幼年女子を含む 54人が加わっていた。一行は同4年 11月 12日出発し,12月アメリカに到着,大統領 U.グラントに謁見したのち,国務長官 H.フィッシュと条約改正の予備交渉を行なったが成功せず,イギリスおよびフランスに渡って元首に謁見。さらにオランダ,ドイツ,ロシアを歴訪して 1873年9月に帰朝した。不平等条約改正の目的は果せなかったが,政府首脳が海外事情を認識するよい機会となった。特に参議大久保は,殖産興業の必要を痛感し,西郷隆盛ら征韓派と対決するとともに,みずから内務省を設立して卿となり,強力な富国政策を推進した。使節団一行の記録としては,久米邦武編『米欧回覧実記』 (6巻) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩倉遣外使節の関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone