コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井六右衛門(12代) ひらい・ろくえもん

1件 の用語解説(平井六右衛門(12代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

平井六右衛門(12代)

没年:大正10.10.14(1921)
生年:慶応1.11.22(1866.1.8)
明治大正期の実業家。盛岡藩日詰町(岩手県紫波町日詰)の生まれ。初代は伊勢松坂の出で,代々六右衛門を襲名。清酒,醤油の醸造業を営み,また大地主でもあった。12代六右衛門は明治26(1893)年に家督相続。以後,岩手,盛岡,花巻の各銀行や南部鉄道,岩手軽便鉄道,盛岡電気など,岩手県内の有力企業の役員を兼任し,県内有数の実業家として活動した。近世以来の蓄積を背景としつつ,明治の近代企業勃興に関与する地方企業家像のひとつの典型が読み取れる。原敬とも親交があり大正4(1915)年に衆議院議員(政友会)に当選,8年には貴族院議員に選任されるが在任中に死去した。<参考文献>『岩手県史』9巻

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平井六右衛門(12代)の関連キーワード太田孝太郎清岡等金田一勝定佐藤昌蔵谷河尚忠平井六右衛門堀合卓爾三鬼鑑太郎三田てる三田義正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone