コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井晩村 ひらい ばんそん

美術人名辞典の解説

平井晩村

俳人、民謡詩人。群馬県前橋生。本名駒次郎。大正6年に叶九隻と白瓶社を創立。俳句・民謡の雑誌『ハクヘイ』を創刊。平井晩村民謡碑が建てられた。著書に民謡集『野葡萄』『麦笛』『茶摘歌』がある。大正8年(1919)歿、36才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平井晩村 ひらい-ばんそん

1884-1919 明治-大正時代の詩人,小説家。
明治17年5月13日生まれ。「報知新聞」記者をへて,「上野(こうずけ)毎日新聞」の主幹となる。「文庫」派の民謡詩人で,歴史小説,少年小説などもかいた。大正8年9月2日死去。36歳。群馬県出身。早大高等師範部卒。本名は駒次郎。民謡集に「野葡萄(のぶどう)」「麦笛」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平井晩村の関連キーワード文庫(文芸雑誌)大正時代少女小説小説家白菊会俳人明治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android