コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均黄経 へいきんこうけい mean longitude

1件 の用語解説(平均黄経の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

へいきんこうけい【平均黄経 mean longitude】

月や惑星の軌道要素の一つで,その天体の経度を示すもの。春分点からはかった軌道と黄道面との交点すなわち昇交点の黄経と,昇交点からはその天体の軌道に沿ってはかった経度を加えたもの。実際の黄経は,その天体が楕円軌道を描いているための中心差と,他の天体の引力による摂動を補正し,その天体の軌道面から黄道面への引直しを行って得られる。平均黄経はある時刻における定数と,時間に比例する一次項,時間の2乗に比例する二次項,さらに必要なら時間に対する高次の項を加えて表現され,これらの係数には歳差の分も含んでいるが,章動は含まれていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平均黄経の関連キーワードエンケ軌道要素軌道論公転ファエトンマケマケAAA天体軌道傾斜角軌道長半径母天体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone