コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均黄経(読み)へいきんこうけい(英語表記)mean longitude

世界大百科事典 第2版の解説

へいきんこうけい【平均黄経 mean longitude】

月や惑星の軌道要素の一つで,その天体経度を示すもの。春分点からはかった軌道と黄道面との交点すなわち昇交点黄経と,昇交点からはその天体の軌道に沿ってはかった経度を加えたもの。実際の黄経は,その天体が楕円軌道を描いているための中心差と,他の天体の引力による摂動を補正し,その天体の軌道面から黄道面への引直しを行って得られる。平均黄経はある時刻における定数と,時間に比例する一次項,時間の2乗に比例する二次項,さらに必要なら時間に対する高次の項を加えて表現され,これらの係数には歳差の分も含んでいるが,章動は含まれていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android