平家蛍(読み)ヘイケボタル

大辞林 第三版の解説

へいけぼたる【平家蛍】

ホタルの一種。体長約8ミリメートル。ゲンジボタルより小形。ほぼ全身黒色だが、前胸部の背面は赤色で、黒色の縦帯がある。腹端は黄白色で発光する。幼虫は淡水にすみ、成虫は六月頃現れる。日本と東アジアに分布。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

平家蛍 (ヘイケボタル)

学名:Luciola lateralis
動物。ホタル科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいけ‐ぼたる【平家蛍】

〘名〙 ホタル科の甲虫。体長七~一〇ミリメートル。ゲンジボタルに似るが小形で、発光も弱い。体は黒色、胸部背面は桃赤色で中央に黒色の幅広い縦すじがある。最も普通のホタル。幼虫は水田か池に生息し、モノアラガイ類を食べる。日本各地、シベリア東部に分布。《季・夏》
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉蛍合戦は恋の争ひ「此美観を蛍合戦と称し随って源氏蛍、平家蛍(ヘイケホタル)の名も出来たのであるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android