コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山省斎 ひらやま せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山省斎 ひらやま-せいさい

1815-1890 幕末-明治時代の武士,神道家。
文化12年2月19日生まれ。幕臣徳川慶喜(よしのぶ)の側近として外国奉行などをつとめる。維新後,東京の日枝(ひえ)神社や大宮の氷川神社神職となり,神道大成教を創始した。明治23年5月22日死去。76歳。陸奥(むつ)三春(福島県)出身。本姓黒岡。名は敬忠(よしただ)。字(あざな)は安民。通称は謙二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平山省斎

没年:明治23.5.22(1890)
生年:文化12.2.19(1815.3.29)
明治前期の神道家。神道大成教および御岳教の初代管長。奥州三春(福島県)の生まれ。20歳のとき,初めて江戸に出て遊学。漢学,国学などを学び,嘉永3(1850)年,幕府の小普請平山源太郎の養子となり家督を継ぐ。幕末には,徳川慶喜側近として外国奉行などを務める。維新直後,しばらく蟄居を命じられるが,やがて神道家として活動。明治5(1872)年に教導職。同8年には日枝神社祠官,翌年には氷川神社大宮司。同12年に大成教会を結集し,教長となる。同15年,敬神愛国を唱える神道大成派が一派独立すると,その初代管長となった。<著作>『本教真訣』『修道真法』<参考文献>井上順孝『教派神道の形成』

(井上順孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平山省斎
ひらやませいさい

平山敬忠」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

平山省斎の関連キーワード平山 成信篠崎桂之助磯部最信明治時代村越鉄善平山成信下山応助御嶽教

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android