平敵(読み)ヒラガタキ

大辞林 第三版の解説

ひらがたき【平敵】

歌舞伎で、軽く安っぽい平凡な敵役の称。端敵はがたき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひら‐がたき【平敵】

〘名〙 歌舞伎の(かたきやく)の一つ。実悪ほど凄みのない平凡な悪役。端敵(はがたき)。「仮名手本忠臣蔵」の薬師寺など。
※劇場一観顕微鏡(1829)上「扠悪方にも五等ありて実悪、色悪、実敵、半道、平敵(ヒラガタキ)と頒(わか)つ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の平敵の言及

【敵役】より

…〈色悪(いろあく)〉は美男の悪人で二枚目のあでやかさに悪の凄みを加えた役どころで,《累(かさね)》の与右衛門,《東海道四谷怪談》の伊右衛門など。〈端敵(はがたき)〉または〈平敵(ひらがたき)〉は安手な悪人で,実悪と対照的に〈赤っ面(あかつつら)〉にすることが多い。《仮名手本忠臣蔵》の薬師寺や《菅原伝授手習鑑》の〈寺子屋〉の玄蕃など。…

※「平敵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android