コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫禄 カンロク

デジタル大辞泉の解説

かん‐ろく〔クワン‐〕【貫×禄】

からだつきや態度などから感じる人間的重みや風格。身に備わった威厳。時に、「見かけは貫たっぷりだけどね」のように肥っていることをからかって、また、ばかにして使うことがある。「貫禄がつく」「貫禄がある」「貫禄十分だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんろく【貫禄】

身に備わっている堂々とした威厳。身体・人格などから感じられる人間的重々しさ。 「 -がある」 「 -十分」
俗に、肥えていることを、軽いからかいの気持ちを込めていう。 「近頃-がついてきたね」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貫禄の関連キーワードダニエラ バルチェローナnotenativeジョン ラッセル加賀見山旧錦絵吹けば飛ぶよう若山 富三郎中村歌右衛門素浪人罷通る佐分利 信重し・重石ザンヨウコ東山千栄子島鵆月白浪箔を付ける宇佐美一生ケベード三井俊吾箔が付く毛利幸夫屏風土代

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貫禄の関連情報