実敵(読み)ジツガタキ

  • じつかたき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 芝居で、敵役(かたきやく)の一つ。二枚目の敵役で、悪人の中にあっても胸底には善人の要素を蔵しているもの。「義経千本桜」の梶原景時の類をさす。
※評判記・野郎にぎりこぶし(1696)一「はて、じつ事或はじつかたきは名人なれども、此外にこなしがなひ、げにとはそりゃそうじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android