実敵(読み)ジツガタキ

精選版 日本国語大辞典の解説

じつ‐かたき【実敵】

〘名〙 芝居で、敵役(かたきやく)の一つ。二枚目の敵役で、悪人の中にあっても胸底には善人の要素を蔵しているもの。「義経千本桜」の梶原景時の類をさす。
※評判記・野郎にぎりこぶし(1696)一「はて、じつ事或はじつかたきは名人なれども、此外にこなしがなひ、げにとはそりゃそうじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる