コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建春門院 けんしゅんもんいん

6件 の用語解説(建春門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建春門院
けんしゅんもんいん

「平滋子 (たいらのしげこ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんしゅん‐もんいん〔‐モンヰン〕【建春門院】

[1142~1176]後白河天皇の女御。平時信の娘で、名は滋子(しげこ)。平清盛の妻、時子の妹。高倉天皇を産んだことにより、平氏一門の繁栄の基となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建春門院 けんしゅんもんいん

1142-1176 平安時代後期,後白河天皇の女御(にょうご)。
康治(こうじ)元年生まれ。平時信の娘。平時子の異母妹。永暦(えいりゃく)2年憲仁(のりひと)親王を生む。仁安3年親王が高倉天皇として即位すると皇太后となり,翌年院号をうける。安元2年7月8日死去。35歳。名は滋子(しげこ)。通称は小弁局(こべんのつぼね)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

建春門院

没年:安元2.7.8(1176.8.14)
生年:康治1(1142)
平安末期の女院。後白河天皇の后。名は滋子。兵部権大輔贈左大臣平時信と民部卿藤原顕頼の娘祐子の子。異母兄姉に大納言時忠,平清盛の妻となった時子がいる。上西門院の女房となり小弁局と呼ばれていたときに後白河上皇の寵を受けて,応保1(1161)年皇子(高倉天皇)を生み,仁安2(1167)年女御宣旨。翌年皇子の即位に伴い皇太后宮。嘉応1(1169)年4月12日院号宣下。安元2(1176)年6月重病のため,院号,封戸,年官年爵を辞退し受戒するが,翌月没。『健寿御前日記』には,女主人滋子の美貌,華やかな生活などが描かれ,飾らない気さくな性格とともに知的な人柄と気配りの細やかさなども知られる。『建礼門院右京大夫集』にもその華やかさが賛美されている。後白河上皇に終生愛されて,政界にも隠然たる力を持った。平氏一族に繁栄をもたらし,兄時忠も権力をふるった。姉時子が清盛の妻であることから,清盛と後白河上皇との関係を緊密にし,時子の子を中心とする平氏一門の権力拡大の一翼を担い,後白河上皇と平家との最も親密な時期を招き,短くも安定した平安末期の文化が開花した。建春門院の死は,後白河法皇と清盛との緩衝役の喪失を意味した。その後,後白河法皇は拡大しすぎた平氏勢力の削減を狙い,清盛との関係は次第に悪化する。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんしゅんもんいん【建春門院】

1142~1176) 後白河天皇の女御。平時信の女むすめ。名は滋子。高倉天皇の母。1169年院号宣下。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建春門院
けんしゅんもんいん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建春門院の言及

【平清盛】より

…安徳天皇の即位(1180)により,清盛は天皇の外祖父の地位を得ることとなる。また高倉天皇自体,清盛の妻平時子の妹滋子(じし)(建春門院)が後白河院のもとに入って1161年(応保1)に生んだ天皇であった。この時子・滋子姉妹は桓武平氏高棟(たかむね)王系の平時信の子で,堂上公家平家の出であり,また桓武平氏の本宗の流れをくむ家柄である。…

【以仁王】より

…八条院猶子。若くして英才の誉れが高く,皇位継承の有力候補と目されたが,異母弟憲仁(高倉天皇)の母建春門院平滋子の妨害により,親王宣下も受けられぬ不遇をかこった。79年(治承3)平氏のクーデタにより父法皇が幽閉され,王も多年知行してきた常興寺(領)を没収されるに及び,翌年4月源頼政を語らい,平氏討伐の令旨(りようじ)を発した。…

※「建春門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建春門院の関連キーワード高倉天皇徳大寺家久寿五条の后二位尼高松院右衛門佐藤原懿子藤原経宗坊門殿源盛子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone