コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平湯峠 ひらゆとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平湯峠
ひらゆとうげ

岐阜県北東部,乗鞍岳北麓にある。標高 1684m。高山から松本にいたる国道 158号線上にあり,乗鞍スカイライン分岐点になっている。峠から東方,平湯へは急傾斜難所で,冬季には積雪も多く交通がよく途絶したが,現在は峠の下をトンネルが貫く。峠から見る新緑,紅葉の山岳眺望はすぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕平湯峠(ひらゆとうげ)


岐阜県北東部、乗鞍(のりくら)岳から北西に分岐した尾根にある峠。標高1684m。直下を国道158号がトンネルで抜ける。峠を通る旧道から乗鞍スカイラインが分岐。北東側の高原川上流域は平湯温泉をはじめとする奥飛騨温泉郷。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android