コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平滋子 たいらのしげこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平滋子
たいらのしげこ

[生]康治1 (1142). 京都
[没]安元2 (1176).7.8. 京都
後白河院(→後白河天皇)の后。高倉天皇の母。父は時信,兄は時忠,姉は平清盛の妻時子である。初め後白河院の姉上西門院に仕え少弁局(しょうべんのつぼね)と称していたが,やがて院の目にとまり寵幸を得て,応保1(1161)年憲仁親王(高倉天皇)を産んだ。仁安2(1167)年女御となり,2年後院号宣下を受け,建春門院と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平滋子
たいらのしげこ
(1142―1176)

後白河(ごしらかわ)天皇の后、高倉(たかくら)天皇の生母。院号を建春門院(けんしゅんもんいん)と称す。父は平時信(ときのぶ)、母は藤原祐子。時忠(ときただ)、時子(平清盛(きよもり)の妻)の妹にあたる。初め後白河天皇の妹上西門院(じょうさいもんいん)(統子内親王)に仕え少弁局(しょうべんのつぼね)と称したが、天皇の目にとまり寵幸(ちょうこう)を得て、1161年(応保1)憲仁(のりひと)親王(高倉天皇)を生んだ。65年(永万1)憲仁が東宮(とうぐう)となり、次代天皇の外戚(がいせき)として時忠は権勢を振るった。67年(仁安2)女御(にょうご)に進み、翌年皇太后(こうたいごう)となった。69年(嘉応1)院号宣下を受け建春門院と称した。後白河院の寵愛が深かった滋子の存在は、義兄清盛の昇進を助け、平氏政権樹立に重要な役割を果たした。安元(あんげん)2年7月8日に没した。[田辺久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平滋子の言及

【平清盛】より

…平安末期の武将。平忠盛の嫡子。白河院の落胤(らくいん)といわれ,母は祇園女御(ぎおんのにようご)の妹とする説が有力。白河院の寵姫であった祇園女御妹が懐妊したまま忠盛に下賜され,生まれたのが清盛という。この生母は清盛生誕の翌々年に病没したらしい。通称〈平相国(へいしようこく)〉〈平禅門(へいぜんもん)〉,またその居所から〈六波羅殿(ろくはらどの)〉〈六波羅入道〉とも呼ばれた。
[軍事権門化]
 平忠盛が鳥羽院の近臣として築きあげた武将としての地位,西国の国守を歴任して蓄えた財力をもとに,忠盛死後,平家武士団の首長を継ぐ。…

※「平滋子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平滋子の関連キーワード建春門院中納言日記建春門院中納言法住寺殿厳島神社高階栄子最勝光院若狭局新見荘以仁王安元

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平滋子の関連情報