コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平砂浦 へいさうら

2件 の用語解説(平砂浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平砂浦
へいさうら

千葉県南部,房総半島の南端,伊戸と相浜との間約 7kmにわたる砂浜海岸館山市に属する。内陸には汀線に沿って2~3kmの幅で砂丘が発達しているが,移動性が強く,背後の標高 80mの丘陵まで砂におおわれているところもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいさうら【平砂浦】

房総半島の南端,千葉県館山市の南部にある砂浜海岸。西岬(にしざき)と富崎という小山地にはさまれて,長さ約7km,幅2~3kmの数列の低い砂丘群が連なり,標高90mほどの背後の丘陵にはい上がっている。第2次大戦中は海軍砲術学校があり,演習地になっていた。戦後は砂防林工事が進んで砂丘が固定され,第1房総フラワーラインが通り,その沿線にゴルフ場ホテル,観光施設ができて,南房総国定公園の中の観光地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone