コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平茸 ヒラタケ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐たけ【平×茸】

ヒラタケ科のキノコ。広葉樹枯れ木に、春から晩秋にかけて生える。傘は半円形で灰色か黒褐色。短い白い柄があり、重なり合ってつく。美味。栽培もされる。 秋》「市に出る―売りは法師かな/几董

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらたけ【平茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。春から秋、林内の広葉樹の枯れ木に発生。若い時はシメジにきわめて似る。傘は半円形ないし扇形で幅5~15センチメートルになり、表面ははじめ黒っぽく、やがて灰白色、白色となる。茎は短く片側につく。食用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

平茸 (ヒラタケ)

学名:Pleurotus ostreatus
植物。キシメジ科の食用菌,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

平茸の関連キーワード藤原陳忠灰白色船場汁食用扇形片側無塩

平茸の関連情報