コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平蒔絵 ひらまきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平蒔絵
ひらまきえ

蒔絵の一技法漆下地の上にで絵を描き,その上に金,銀,粉,色粉などを蒔き,乾燥後透明漆を塗って固定させたもの。実際には下地面より蒔絵面が盛上がることになる。平安時代に始ったが,簡便であり,安土桃山時代に最も流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひら‐まきえ〔‐まきヱ〕【平×蒔絵】

蒔絵の技法の一。漆で文様を描き、金・銀・錫(すず)粉などを蒔きつけて乾燥させ、のち文様の部分だけ漆をつけて磨いたもの。平安時代に始まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平蒔絵【ひらまきえ】

蒔絵の一技法。漆の上に金銀などの粉を蒔きつけ,乾燥してから炭や砥粉(とのこ)でみがき上げるもの。粉を蒔きつけたままにしておくものを蒔放しという。平蒔絵は,平安末に起こり,鎌倉時代に完成。
→関連項目高蒔絵研出蒔絵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひらまきえ【平蒔絵】

蒔絵の技法の一。絵漆で絵を描き、乾かないうちに平目粉ひらめふんや色粉などを毛棒で蒔きつけ、乾燥後に文様の部分のみに漆をつけ、平らに磨いたもの。 ⇔ 高蒔絵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平蒔絵の言及

【蒔絵】より

…粉の種類には丸粉,半丸粉,平目粉(刑部(ぎようぶ)平目),梨地(なしじ)粉,平粉,消粉などがある。おのおの粗細があり,丸粉でみると1号(細)から15号(粗)まであり,おもに3号以下は平蒔絵に,8号以上は研出(とぎだし)蒔絵に用いられる。丸粉の祖形は古代粉(やすり(鑢)粉)で,12世紀まではこの一種のみが研出蒔絵に用いられたが,12世紀末から平蒔絵用の細粉や平目粉が現れる。…

※「平蒔絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平蒔絵の関連キーワード高台寺蒔絵絵梨地絵漆漆器

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android