コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平蒔絵 ひらまきえ

4件 の用語解説(平蒔絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平蒔絵
ひらまきえ

蒔絵の一技法。漆下地の上に漆で絵を描き,その上に金,銀,錫粉,色粉などを蒔き,乾燥後透明漆を塗って固定させたもの。実際には下地面より蒔絵面が盛上がることになる。平安時代に始ったが,簡便であり,安土桃山時代に最も流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひら‐まきえ〔‐まきヱ〕【平×蒔絵】

蒔絵の技法の一。漆で文様を描き、金・銀・錫(すず)粉などを蒔きつけて乾燥させ、のち文様の部分だけ漆をつけて磨いたもの。平安時代に始まった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平蒔絵【ひらまきえ】

蒔絵の一技法。漆の上に金銀などの粉を蒔きつけ,乾燥してから炭や砥粉(とのこ)でみがき上げるもの。粉を蒔きつけたままにしておくものを蒔放しという。平蒔絵は,平安末に起こり,鎌倉時代に完成。
→関連項目高蒔絵研出蒔絵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひらまきえ【平蒔絵】

蒔絵の技法の一。絵漆で絵を描き、乾かないうちに平目粉ひらめふんや色粉などを毛棒で蒔きつけ、乾燥後に文様の部分のみに漆をつけ、平らに磨いたもの。 ↔ 高蒔絵

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平蒔絵の言及

【蒔絵】より

…粉の種類には丸粉,半丸粉,平目粉(刑部(ぎようぶ)平目),梨地(なしじ)粉,平粉,消粉などがある。おのおの粗細があり,丸粉でみると1号(細)から15号(粗)まであり,おもに3号以下は平蒔絵に,8号以上は研出(とぎだし)蒔絵に用いられる。丸粉の祖形は古代粉(やすり(鑢)粉)で,12世紀まではこの一種のみが研出蒔絵に用いられたが,12世紀末から平蒔絵用の細粉や平目粉が現れる。…

※「平蒔絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平蒔絵の関連キーワード川之辺一朋高蒔絵研出蒔絵色粉蒔絵光悦蒔絵古満蒔絵本蒔絵研出し蒔絵直蒔絵加賀蒔絵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone