コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平親範 たいらの ちかのり

2件 の用語解説(平親範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平親範 たいらの-ちかのり

1137-1220 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),僧。
保延(ほうえん)3年生まれ。参議となり,承安(じょうあん)元年民部卿をかね,正三位にすすむが,4年病気のため出家。焼失した出雲(いずも)寺の再建につくし,毘沙門堂の本願主となった。承久(じょうきゅう)2年9月28日死去。84歳。死後左大臣,正一位をおくられた。法名は円智。通称は相蓮房など。著作に「相蓮房円智記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平親範

没年:承久2.9.28(1220.10.25)
生年:保延3(1137)
平安末・鎌倉前期の公卿,僧。従三位範家の子,母は中納言藤原清隆の娘。蔵人頭,参議,左中弁を経て,承安1(1171)年民部卿・正三位に至る。同4年大原極楽院にて出家,戒師は来迎院縁忍,法名相蓮房円智。のち,洛北の出雲寺を再興,本願となって同寺に父祖伝来の平等・尊重・護法の3寺を併せた一堂を建立し,私領を寄進する。また建保2(1214)年にはその起請文を作成している。この堂は毘沙門堂と号され,近世初期山科に移されて今日に至る。出雲路入道,毘沙門堂民部入道と号される。『親範記』(散逸),『相蓮房円智記』がある。『千載集』に1首入集。はじめ鳥羽法皇の近臣で,崇徳上皇が親範の目を潰したとの報告(誤報)に,臨終の鳥羽法皇が「御目をきらりと見上げ」と『愚管抄』が記す話は有名。

(今村みゑ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平親範の関連キーワード入江相尚壬生基起裏辻季福冷泉為頼柳原量光梅園実清梅渓季通藤原定経藤原為理源清鑒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone