コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平資盛 たいらの すけもり

2件 の用語解説(平資盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平資盛 たいらの-すけもり

1158?-1185 平安時代後期の武将。
保元(ほうげん)3年?生まれ。平重盛の次男。治承(じしょう)4年の源氏挙兵以来各地で源氏勢力とたたかい,寿永2年従三位となって新三位中将とよばれた。平家一門と都落ちをともにし,元暦(げんりゃく)2年3月24日壇ノ浦の戦いで戦死。28歳? 建礼門院右京大夫(うきょうのだいぶ)との恋愛で知られる。
【格言など】ある程があるにもあらぬ内に猶(なほ)かく憂きことをみるぞ悲しき(「玉葉和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平資盛

没年:文治1.3.24(1185.4.25)
生年:保元3(1158)
平安末期の武将・公卿。内大臣平重盛の次男で維盛の弟。母は藤原親方の娘,少輔掌侍。仁安1(1166)年に従五位下越前守となり,侍従,右近衛権少将,権中将を経て,寿永2(1183)年に蔵人頭となり,従三位に叙せられる。治承4(1180)年から源氏の追討に活躍し,元暦1(1184)年9月藤戸の戦では大将軍を務め,翌年壇の浦の戦で一門と共に戦死した。少年時代の嘉応2(1170)年に時の摂政藤原基房と「殿下乗合」事件を起こしたこと,建礼門院右京大夫との恋愛でも知られる。<参考文献>安田元久『平家の群像』

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平資盛の言及

【建礼門院右京大夫集】より

…私家集。鎌倉初期の成立。2巻。総歌数350余首。作者は能書の家として名高い世尊寺家に生まれ,高倉天皇の中宮平徳子(のちの建礼門院)に仕えた建礼門院右京大夫(生没年不詳)。父は藤原伊行(これゆき),母は箏の名手夕霧。歌集といっても平重盛の次男資盛(すけもり)との悲恋の追憶が主題となっていること,また長文の詞書や,序と跋がつけられほぼ年代順に配列されている点,より日記文学に近いものである。上巻は平家の公達その他の殿上人との親交を含む華麗なる宮仕え生活を美しく描き,また歌人で似絵の大家藤原隆信との恋愛をも織り込むが,中心は資盛との楽しく,また悩み多かった恋愛である。…

※「平資盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平資盛の関連キーワード藤原基房小松殿小松の内府藤原実定緒方惟義平有盛平維将平貞義平忠房平師盛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平資盛の関連情報