コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年金時効特例法 ネンキンジコウトクレイホウ

2件 の用語解説(年金時効特例法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねんきんじこう‐とくれいほう〔ネンキンジカウトクレイハフ〕【年金時効特例法】

《「厚生年金保険保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律」の通称》社会保険庁による年金記録の不備が原因で支払われなかった年金について、消滅時効の適用外とする法律。平成19年(2007)7月施行。年金記録問題の発覚当初は、記録訂正により支給額が増えることが判明した場合でも、5年以上前の支給分については時効を理由に支払いが行われなかったが、同法により、本人または遺族に支払われることになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年金時効特例法
ねんきんじこうとくれいほう

年金記録漏れの問題に対応するために2007年(平成19)に制定された年金の時効に関する特例法。正式には「厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律」。平成19年法律第111号。年金の支払いを受ける権利は、支払い月から5年経過すると、時効により順次自動的に消滅する。そのため、当初明らかでなかった年金記録が5年経過後に明らかとなった場合、この記録に基づく年金の増額分のうち5年以上前の支払い分については、自動的に時効消滅し、受給できない。そこで、年金時効特例法では次のような措置が講じた。
(1)すでに年金を受給している者などに対する措置として、すでに年金を受給している者および受給するはずであった者(未支給のまま死亡した場合の遺族を含む)について、その者の記録が訂正され、年金が増額された場合、その時点で5年の消滅時効が完成していた部分についても支払うものとする。
(2)今後年金を受給する者に関する措置として、「年金定期便」による確認呼びかけ等により、現役中から年金記録を適正なものとする。そのうえで、今後年金を受給する者の年金受給についても、(1)と同様、5年以上前の支払い分が自動的に時効消滅させないこととする。[山崎泰彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年金時効特例法の関連キーワード厚生年金保険法調整年金老齢年金年金基金厚生年金基金保険社会保険事務所低年金標準賞与額第二号被保険者団体年金保険

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年金時効特例法の関連情報