幸田貝塚(読み)こうでかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

こうでかいづか【幸田貝塚】

千葉県松戸市幸田にある縄文時代前期の遺跡。江戸川の河口から上流へ約20km,沖積低地に面した下総台地の西辺部(標高約19m)にあり,貝層がハマグリハイガイなどで構成される純鹹(じゆんかん)の貝塚群である。14ヵ所の小貝塚が,半島状に突出した台地の縁辺部に点在する。古くより知られた遺跡で,1930年,大山史前学研究所の調査により注目されるところとなった。その後,小規模な発掘が幾度か試みられたが,40年,矢島清作の発掘によって,花積下層式期の竪穴住居跡2基が発見された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android