コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸田貝塚 こうでかいづか

1件 の用語解説(幸田貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうでかいづか【幸田貝塚】

千葉県松戸市幸田にある縄文時代前期の遺跡。江戸川の河口から上流へ約20km,沖積低地に面した下総台地の西辺部(標高約19m)にあり,貝層がハマグリハイガイなどで構成される純鹹(じゆんかん)の貝塚群である。14ヵ所の小貝塚が,半島状に突出した台地の縁辺部に点在する。古くより知られた遺跡で,1930年,大山史前学研究所の調査により注目されるところとなった。その後,小規模な発掘が幾度か試みられたが,40年,矢島清作の発掘によって,花積下層式期の竪穴住居跡2基が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幸田貝塚の関連キーワード大森貝塚亀ヶ岡遺跡尖石遺跡聖徳大学東名(ひがしみょう)遺跡蓮田加曽利貝塚本土寺岩田遺跡大将軍遺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone