コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻肢痛 ゲンシツウ

4件 の用語解説(幻肢痛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんし‐つう【幻肢痛】

すでに切断された手や足がまだあるように思われ、痛みを感じる状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幻肢痛【げんしつう】

四肢のいずれかを切断したのちも,まだ存在するかのような感覚が残っているものを幻肢感というが,すでにないはずの幻肢に痛みを感じるものをいう。この痛みは一般に,焼けつくようなとか,ひきつけるようなと表現される強いもので,切断した四肢を支配していた知覚神経末端の刺激によると考えられているが,まだ原因は不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

げんしつう【幻肢痛】

手や足を切断した人が、消失した手や足の部分をまだあるかのように感じ、そこに痛みを感じること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻肢痛
げんしつう

上肢や下肢を切断した場合、失われた手や足が存在しているように感じられるが、これを幻覚肢(幻肢)といい、成人では普通、切断後、数年にわたって経験される。この幻覚は切断時の感じがそのまま残るので、切断しなければならなくなった原因(外傷や疾病)のため切断された手や足に疼痛(とうつう)があったときには、切断後もその疼痛が残っている。これを幻肢痛という。これは、切断前に疼痛を感じたり、疼痛が強くなったりした動作で同じように感じるので、切断部が物に触れたりすると強く感じることが多く、義手や義足の装着、使用に障害となる。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幻肢痛の関連キーワード断面図啖呵を切るすかを食うノイズレス四肢周囲測定ライヒテンシュテルン現象高校の理科の履修四肢切断術ノイズレベル四肢の故障 (breaking down)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幻肢痛の関連情報