コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼形成熟 ようけいせいじゅくneoteny

翻訳|neoteny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼形成熟
ようけいせいじゅく
neoteny

ネオテニー,幼体成熟ともいう。動物の個体発生中,幼生形のまま生殖巣が成熟し,繁殖する現象。たとえばメキシコサンショウウオは,原産地では変態を終えないまま成熟し,アホロートル axolotlと呼ばれる幼生形のままで生殖する。しかし,環境の変化により変態して成体になることもでき,また,甲状腺ホルモンを与えると変態して成体になるので,この場合の幼形成熟は甲状腺ホルモンの不足によるとも考えられている。なお,幼形成熟は進化のうえで重要であるとの説がある。たとえば昆虫類は多足類 (幼生は3対の脚をもつ) の幼形成熟によって生じたといわれる。また,ヒトについては外形上の類似から,胎児化の説が立てられる。つまりヒトとオランウータンとは赤ん坊同士よく似る。ところがおとなをみると,ヒトでは赤ん坊の当時と比較的似るが,オランウータンでははなはだしく異なる。このことから,より進化したほうがより幼児的形態をとどめるというものである。幼形成熟は幼生が単為生殖を行う幼生生殖とは異なる現象である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ようけい‐せいじゅく〔エウケイ‐〕【幼形成熟】

動物が幼生形の段階のまま生殖巣が成熟し、繁殖できるようになる現象。メキシコサンショウウオ(アホロートル)などにみられる。ネオテニー。幼態成熟。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようけいせいじゅく【幼形成熟】

動物が幼生形のままで生殖巣が成熟して繁殖する現象。メキシコサンショウウオ・イソギンチャク類・クラゲ類などに見られる。ネオテニー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の幼形成熟の言及

【トラフサンショウウオ】より

…両生類トラフサンショウウオ科の代表的な種で,幼生の一部が幼形成熟することで知られる。太平洋沿岸地方を除くアメリカ合衆国の大部分,メキシコ北部に分布し,全長18~22cm,最大33cmで,同類の中では大型。…

【ネオテニー】より

…幼形成熟pedogenesisともいう。動物が幼形を保ったまま性的成熟に達し生殖を行う現象。…

※「幼形成熟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幼形成熟の関連キーワードトラフサンショウウオ変態(生物学)カイガラムシ蝦夷山椒魚ヤマメ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android