コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾許く コクバク

デジタル大辞泉の解説

こくば‐く【幾許く】

[副]ここばく」に同じ。
「―の上手どもにまされり」〈宇津保・吹上下〉

ここだ‐く【幾許く】

[副]ここだ」に同じ。
「相見ぬは幾久さにもあらなくに―あれは恋ひつつもあるか」〈・六六六〉

ここば‐く【幾許く】

[副]ここば」に同じ。
「ちかげも―もとめさせ侍るに」〈宇津保・忠こそ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こきだく【幾許く】

( 副 )
こきだ」に同じ。 「三笠山野辺行く道は-もしげり荒れたるか久にあらなくに/万葉集 232」 → こきだし

こきばく【幾許く】

( 副 )
程度がはなはだしいさま。たいそう。 「 -もゆたけきかも/万葉集 4360

こくばく【幾許く】

( 副 )
〔「ここばく」の転か〕
ここば(幾許)」に同じ。 「 -の上手どもにまされり/宇津保 吹上・下

ここだく【幾許く】

( 副 )
ここだ(幾許)」に同じ。 「 -我あれは恋ひつつもあるか/万葉集 666

ここばく【幾許く】

( 副 )
〔「く」は接尾語〕
ここば(幾許)」に同じ。 「渚にはあぢ群むら騒き島廻には木末こぬれ花咲き-も見のさやけきか/万葉集 3991

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幾許くの関連キーワード万葉集接尾語幾許

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android