コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾許 イクダ

デジタル大辞泉の解説

いく‐だ【幾許】

[副](下に打消しの語を伴って用いる)いくら。どれほど。
「さ寝そめて―もあらねば白妙の帯乞ふべしや恋も過ぎねば」〈・二〇二三〉

ここ‐だ【幾許】

[副]
数量の多いさまを表す。たくさん。多く。
「誰が園の梅の花そもひさかたの清き月夜(つくよ)に―散り来る」〈・二三二五〉
程度のはなはだしいさまを表す。こんなにもはなはだしく。たいそう。
「荒磯(ありそ)越す波をかしこみ淡路島見ずや過ぎなむ―近きを」〈・一一八〇〉

ここ‐ば【幾許】

[副]《「ここだ」の音変化》数量・程度がはなはだしい意を表す。たくさん。たいそう。はなはだしく。
「足柄(あしがり)のあきなの山に引こ舟のしり引かしもよ―児がたに」〈・三四三一〉

ここ‐ら【幾許】

[副]
数量の多いさま。たくさん。多く。
「―のおほやけ人に見せて恥を見せむ」〈竹取
程度のはなはだしいさま。たいへん。非常に。
「立ち寄れば梅の花笠匂ふのもなほわび人は―濡れけり」〈宇津保・春日詣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いくだ【幾許】

( 副 )
(多く「いくだも」の形で下に打ち消しの語を伴う)いくら。いくほど。いくばく。 「さ寝し夜は-もあらず/万葉集 135

こきし【幾許】

( 副 )
たくさん。たいそう。はなはだ。 「前妻こなみが肴乞はさばたちそばの実の無けくを-ひゑね/古事記 」 → こきだ

こきだ【幾許】

( 副 )
たくさん。たいそう。はなはだ。 「いちさかき実の多けくを-ひゑね/古事記

ここだ【幾許】

( 副 )
たくさん。たいそう。はなはだしく。ここば。 「み吉野の象山きさやまのまの木末こぬれには-も騒く鳥の声かも/万葉集 924

ここば【幾許】

( 副 )
たいそう。はなはだしく。ここだ。ここばく。 「白雲の絶えにし妹をあぜせろと心に乗りて-かなしけ/万葉集 3517

ここら【幾許】

( 副 )
程度がはなはだしいさま。数量が多いさまをいう語。はなはだ。たいそう。たくさん。 「我宿に誰をまつ虫-なくらむ/古今 秋上」 「心うく-の年ごろつかうまつり侍りて/落窪 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幾許の関連キーワードごちゃくちゃ幾許・幾何尾崎紅葉値打ち打消し万葉集そもや幾許く差誤胸算元金

幾許の関連情報