コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾許 イクダ

10件 の用語解説(幾許の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いく‐だ【幾許】

[副](下に打消しの語を伴って用いる)いくら。どれほど。
「さ寝そめて―もあらねば白妙の帯乞ふべしや恋も過ぎねば」〈・二〇二三〉

ここ‐だ【幾許】

[副]
数量の多いさまを表す。たくさん。多く。
「誰が園の梅の花そもひさかたの清き月夜(つくよ)に―散り来る」〈・二三二五〉
程度のはなはだしいさまを表す。こんなにもはなはだしく。たいそう。
「荒磯(ありそ)越す波をかしこみ淡路島見ずや過ぎなむ―近きを」〈・一一八〇〉

ここ‐ば【幾許】

[副]《「ここだ」の音変化》数量・程度がはなはだしい意を表す。たくさん。たいそう。はなはだしく。
「足柄(あしがり)のあきなの山に引こ舟のしり引かしもよ―児がたに」〈・三四三一〉

ここ‐ら【幾許】

[副]
数量の多いさま。たくさん。多く。
「―のおほやけ人に見せて恥を見せむ」〈竹取
程度のはなはだしいさま。たいへん。非常に。
「立ち寄れば梅の花笠匂ふのもなほわび人は―濡れけり」〈宇津保・春日詣〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いくだ【幾許】

( 副 )
(多く「いくだも」の形で下に打ち消しの語を伴う)いくら。いくほど。いくばく。 「さ寝し夜は-もあらず/万葉集 135

こきし【幾許】

( 副 )
たくさん。たいそう。はなはだ。 「前妻こなみが肴乞はさばたちそばの実の無けくを-ひゑね/古事記 」 → こきだ

こきだ【幾許】

( 副 )
たくさん。たいそう。はなはだ。 「いちさかき実の多けくを-ひゑね/古事記

ここだ【幾許】

( 副 )
たくさん。たいそう。はなはだしく。ここば。 「み吉野の象山きさやまのまの木末こぬれには-も騒く鳥の声かも/万葉集 924

ここば【幾許】

( 副 )
たいそう。はなはだしく。ここだ。ここばく。 「白雲の絶えにし妹をあぜせろと心に乗りて-かなしけ/万葉集 3517

ここら【幾許】

( 副 )
程度がはなはだしいさま。数量が多いさまをいう語。はなはだ。たいそう。たくさん。 「我宿に誰をまつ虫-なくらむ/古今 秋上」 「心うく-の年ごろつかうまつり侍りて/落窪 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幾許の関連キーワードうんとしこたま数多沢山たんとどっさりぽっきり万とこきしこきだ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幾許の関連情報