広小路(一般名詞)(読み)ひろこうじ

  • 一般名詞
  • 広小路

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幅の広い街路。とくに江戸では、1657年(明暦3)の大火(振袖火事)後、火除地として市中の各所に広小路が造成され、両国、上野、江戸橋など盛り場として発展した所も多い。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android