ハーベー(読み)はーべー(英語表記)William Harvey

デジタル大辞泉 「ハーベー」の意味・読み・例文・類語

ハーベー(William Harvey)

[1578~1657]英国医師動物解剖実験を行い、血液循環理論を解明して、近代生理学基盤を築いた。晩年は胎生学研究し、動物は卵から発生すると主張

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ハーベー」の意味・読み・例文・類語

ハーベー

  1. ( William Harvey ウィリアム━ ) イギリスの生理学者。中世以来支配的であったガレノスの説をやぶり、血液循環説を提唱。実験生理学を再興・進展させ近代生物学・生理学の先駆者となった。主著「動物における心臓と血液の運動に関する解剖学的研究」。(一五七八‐一六五七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ハーベー」の意味・わかりやすい解説

ハーベー
はーべー
William Harvey
(1578―1657)

イギリスの医師。血液循環の発見者。フォルクストンに生まれる。1597年ケンブリッジ大学ゴンビル・キース・カレッジを卒業し、イタリアのパドバ大学に留学して医学を修め、1602年に医学と哲学の学位をとり、帰国後ケンブリッジ大学の学位も受けた。ロンドンで開業しながら、ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンの講師を兼ね、1609年に聖バルソロミュー病院の医員に採用された。1615年ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンのラムレー講師(教授相当)に任ぜられ、1616年から外科と解剖学の講義と実習を受け持った。多くの冷血動物や温血動物の生体解剖によって、心臓の動きや弁膜の機能の解剖生理学的研究を行い、大循環、小循環を明らかにした。1628年に名著『動物における心臓と血液の運動に関する解剖学的研究』Exercitatio anatomica de motu cordis et sanguinis in animalibus(四つ折判72ページの小冊子)を、フランクフルト・アム・マインで出版した。

 ハーベーの血液循環説は実験と計数を基にした申し分ないものだったが、それでも賛否両論が巻き起こった。とくにパリ大学の学長で解剖学者のリオランJean Riolan Jr.(1580―1657)は反対の先鋒(せんぽう)にたった。しかし、デカルト、ブラウンThomas Browne、グリソンFrancis Glisson(1597―1677)、シルビウスらの賛成を得て、ハーベーの学説は従来のガレノスの説を完全に覆し、近代生理学の基盤となった。ジェームズ1世、チャールズ1世の侍医を務め、王の信頼を得て、上位常勤侍医として、ホワイトホールに住み、ピューリタン革命で王が処刑されるまで、その職にあった。晩年は胎生学の研究に没頭し、1651年『動物の発生について』を出版し、「すべての動物の発生は卵から」を主張した。痛風に悩んだが、1657年脳出血で80年の生涯を閉じた。

[古川 明]

『阿知波五郎著『血液は循環する――ハーベイ伝』(1976・国土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ハーベー」の意味・わかりやすい解説

ハーベー
William Harvey
生没年:1578-1657

イギリスの医者。イギリス南部の港町フォークストンに豊かな商人の子として生まれた。ケンブリッジ大学のゴンビル・キーズ・カレッジを1597年に卒業したのち,パドバ大学に留学して医学を修めた。1602年に医学と哲学の学位をとり,帰国後ケンブリッジ大学でも学位を受けた。ロンドンで開業しながら,医師カレッジCollege of Physiciansの講師を兼ね,09年にはセント・バーソロミュー病院の医員に採用された。15年に王立内科医カレッジのラムリー講座の講師Lamleian lecturer(教授相当)に任ぜられ,16年4月から外科と解剖学の講義や実習をはじめた。彼は多数の冷血動物や温血動物の生体解剖によって,心臓の動きや弁膜の機能の解剖生理学的研究を行い,血液の循環,大循環,小循環を明らかにした。28年にハーベーは不朽の名著《動物における心臓の運動に関する解剖学的研究Exercitatio anatomica de motu cordis et sanguinis in animalibus》,略して《心臓の運動De motu cordis》(邦訳《血液循環の原理》)四つ折判72ページの小冊子を,フランクフルト・アム・マインで出版した。

 ハーベーの学説は実験と計数をもとにした,申し分ないものだったが,それでも賛否両論がまき起こった。とくにパリ大学学長で解剖学者のJ.リオランは反対の先鋒に立った。しかし,R.デカルト,T.ブラウン,グリソンFrancis Glisson,F.シルビウスらの賛成を得て,ハーベーの血液循環説は,ガレノスの説を完全に覆し,近代生理学の基盤となった。彼は1618年にジェームズ1世の侍医,29年にチャールズ1世の侍医になった。王の信頼を受けて,39年には上位常勤侍医としてホワイトホールに住み,革命で王が処刑されるまでその職にあった。晩年は発生学の研究に没頭し,51年に《動物の発生に関する研究Exercitationes de generatione Animalium》を出版し,〈すべての動物の発生は卵からomne animal ex ovo〉という考えを主張した。晩年は痛風に悩み,57年6月3日脳出血のためロンドンで79年の生涯を閉じた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ハーベー」の意味・わかりやすい解説

ハーベー

英国の医者,生理学者。ケンブリッジ大学,パドバ大学で医学を修め,ロンドンの病院の医員などを経て,チャールズ1世の侍医となる。血液循環説を唱え,心臓から出た血液は全身を循環して再び心臓にもどってくることを実験的に証明した。著書に《血液循環の原理》がある。
→関連項目血液循環パドバ大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android