コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーベー William Harvey

百科事典マイペディアの解説

ハーベー

英国の医者,生理学者。ケンブリッジ大学,パドバ大学で医学を修め,ロンドンの病院の医員などを経て,チャールズ1世の侍医となる。血液循環説を唱え,心臓から出た血液は全身を循環して再び心臓にもどってくることを実験的に証明した。
→関連項目血液循環パドバ大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーベー【William Harvey】

1578‐1657
イギリスの医者。イギリス南部の港町フォークストンに豊かな商人の子として生まれた。ケンブリッジ大学のゴンビル・キーズ・カレッジを1597年に卒業したのち,パドバ大学に留学して医学を修めた。1602年に医学と哲学の学位をとり,帰国後ケンブリッジ大学でも学位を受けた。ロンドンで開業しながら,医師カレッジCollege of Physiciansの講師を兼ね,09年にはセント・バーソロミュー病院の医員に採用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハーベー【William Harvey】

1578~1657) イギリスの医学者。血液循環説を発表し、近代医学に大きな影響を与えた。発生学においても、動物はすべて卵から生ずると主張。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーベー
はーべー
William Harvey
(1578―1657)

イギリスの医師。血液循環の発見者。フォルクストンに生まれる。1597年ケンブリッジ大学のゴンビル・キース・カレッジを卒業し、イタリアのパドバ大学に留学して医学を修め、1602年に医学と哲学の学位をとり、帰国後ケンブリッジ大学の学位も受けた。ロンドンで開業しながら、ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンの講師を兼ね、1609年に聖バルソロミュー病院の医員に採用された。1615年ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンのラムレー講師(教授相当)に任ぜられ、1616年から外科と解剖学の講義と実習を受け持った。多くの冷血動物や温血動物の生体解剖によって、心臓の動きや弁膜の機能の解剖生理学的研究を行い、大循環、小循環を明らかにした。1628年に名著『動物における心臓と血液の運動に関する解剖学的研究』Exercitatio anatomica de motu cordis et sanguinis in animalibus(四つ折判72ページの小冊子)を、フランクフルト・アム・マインで出版した。
 ハーベーの血液循環説は実験と計数を基にした申し分ないものだったが、それでも賛否両論が巻き起こった。とくにパリ大学の学長で解剖学者のリオランJean Riolan Jr.(1580―1657)は反対の先鋒(せんぽう)にたった。しかし、デカルト、ブラウンThomas Browne、グリソンFrancis Glisson(1597―1677)、シルビウスらの賛成を得て、ハーベーの学説は従来のガレノスの説を完全に覆し、近代生理学の基盤となった。ジェームズ1世、チャールズ1世の侍医を務め、王の信頼を得て、上位常勤侍医として、ホワイトホールに住み、ピューリタン革命で王が処刑されるまで、その職にあった。晩年は胎生学の研究に没頭し、1651年『動物の発生について』を出版し、「すべての動物の発生は卵から」を主張した。痛風に悩んだが、1657年脳出血で80年の生涯を閉じた。[古川 明]
『阿知波五郎著『血液は循環する――ハーベイ伝』(1976・国土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハーベーの言及

【医学】より

…しかし,計測を方法として医学に導入しようとした点は注目される。イギリスのW.ハーベーは,数量的方法と帰納論理を用いて,血液が循環していることを実証した。このことを記載した《動物の心臓ならびに血液の運動に関する解剖学的論考》(《血液循環の原理》と略される。…

【血液循環】より

…成人の血液量,約5l(体重の6~8%)の大部分は心臓および血管系にあり,心臓のポンプ作用によって動脈→各臓器の毛細血管→静脈の順に流れ,再び心臓へ還流する。この血液循環の原理を明らかにしたのはW.ハーベーである(1628)。それ以前は血液が右心室から左心室へ,目に見えない隔壁を通して流れるという,ガレノスの血液学説が信じられていた。…

【循環系】より

…したがって,ここでの物質運搬は,もっぱら,この脈管系を流れる血液とリンパの両者によって営まれ,組織液が直接これに関与することはない。この脊椎動物の心臓は腸管系の血管の一部が肥大分化してできたものであるが,1628年W.ハーベーは,この心臓の拍動によって,全身の血液がつねに一定の方向に循環することをはじめて証明した。循環系の名称はこれに由来するものであるが,その後,こうした環状の走向を示す血管系に対し,リンパ系は,体中の組織間隙から起こって,しだいに合流しながら静脈系の一定の地点に流入する形をとることが知られるようになった。…

【生物学】より

…最初の本格的な動物図譜はC.vonゲスナーの《動物誌》(1581‐87)であり,一角獣などの架空の生物もまだ混在したが,キリンやサイの絵がほぼ正しく描かれている。解剖学と生理学での実証の気運も高まって,ベサリウスの《人体の構造》(1543)とか,やや遅れてW.ハーベーの《血液循環の原理》(1628)が刊行された。顕微鏡による観察ではR.フックの《ミクログラフィア》(1665)があり,A.vanレーウェンフックの活動も17世紀後半であった。…

【生命】より

…中世にはイスラム圏の学問で若干の生物研究は見られるが,生命観に関しては,アリストテレス的生命観や精気の説がもち続けられ,独特の神秘主義につらぬかれた錬金術や占星術ともいろいろの形で結合したが,生命の科学的解釈への道がとくに開かれることはなかった。
[生命機械論の成立]
 ガリレイが血液循環の発見者W.ハーベーに直接影響を及ぼしたかどうかは不明だが,ハーベー自身はアリストテレス主義者であったにもかかわらず,かれの研究にはガリレイ的方法があらわれていた。また筋運動の力学的理解を基礎づけたG.A.ボレリはガリレイの弟子であった。…

【生理学】より

…もともと〈自然学〉の意味で使われていたphysiologieを今日の生理学の意味に用いたのは,フランスの医者J.F.フェルネルがその大著のタイトルの一部に用いたのが最初(1554)とされる。近代生理学は,18世紀のW.ハーベーによる血液循環の研究に始まり,A.vonハラーその他の人々によって基本的な枠組みがつくられ,19世紀に入ると,J.ミュラーやC.ベルナールらによって実験生理学が開かれた。とくにベルナールの《実験医学序説》(1865)は今なお一般生理学の古典である。…

【床屋】より

…赤・白・青の彩色はそれぞれ動脈,包帯,静脈をあらわすという説は当たらない。動脈・静脈の学説はイギリスの王室侍医となったW.ハーベーが血液循環説を述べた名著《動物における心臓および血液の運動に関する解剖学的研究》を発表したことによるもので,1628年以後に属する。なお,理髪外科医出身の名高い外科医にA.パレがいる。…

※「ハーベー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーベーの関連キーワードファブリキウス(Hieronymus Fabricius)ファブリキウス[アクアペンデンテの]ブリストル(伯・侯家)ハーベールーフータン血液循環の原理チェザルピーノB. ザハロフメンデレビウムマルピーギハーヴィーケインズナッシュコロンボリオラン動物学発生学生物学後成説博物学心臓病

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーベーの関連情報