コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンゲルス・ジレージウス アンゲルスジレージウス

2件 の用語解説(アンゲルス・ジレージウスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンゲルス・ジレージウス

ドイツの詩人。本名はJohann Scheffler。ルター派の医師で,1653年カトリックに改宗。ベーメらの神秘主義思想を簡潔に表現した詩集《ケルビム天使風のさすらい人》は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンゲルス・ジレージウス
あんげるすじれーじうす
Angelus Silesius
(1624―1677)

ドイツのバロック神秘主義の代表的詩人。本名はヨーハン・シェフラーJohann Scheffler。ブレスラウ生まれる。ライデン、パドバで医学を学び帰郷、侍医として諸侯に仕えた。第一詩集『ケルビムのようなさすらい人』Cherubinischer Wandersmann(1657)はエックハルト的な思弁的神秘主義を、鋭い緊張をはらんだアレクサンドリア調の二行詩で歌っている。「私自身が永遠だ。時間を離れ/私を神に、神を私に統合するならば」。またここには、「なぜかを問わず、ただひたすらにばらは咲く/自ら誇らず、人の目を求めもしない」など広く愛される名句もある。1653年カトリックに改宗後の作品、『魂の聖なる喜び』Heilige Seelenlust(1657)は前作と変わって、花嫁である魂の花婿キリストへのあこがれを歌った、雅歌的な情感的神秘主義の詩集。レクラム文庫に作品抜粋がある。[横山 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンゲルス・ジレージウスの関連キーワードヘルダー教会シュトラウス草木図説シュトラウス草木図説ゲーテジャンパウルシュティルナーベルヌーイモルトケ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone