広鼻猿類(読み)こうびえんるい

精選版 日本国語大辞典の解説

こうび‐えんるい クヮウビヱンルイ【広鼻猿類】

〘名〙 霊長目真猿亜目のうち、中南米で適応放散をとげた一群。旧大陸の狭鼻猿類に対していう名称。尾を木の枝などに巻きつけるものが多い。オマキザル、ホエザル、クモザル、マーモセット、タマリンなど。広鼻類。新世界ザル類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の広鼻猿類の言及

【新世界ザル】より

…霊長目オマキザル上科Ceboideaに属するサルの総称。鼻の穴の間隔が広いために広鼻猿類Platyrrhiniとも呼ばれる。南アメリカを中心に中央アメリカ,熱帯メキシコまで分布するので新世界ザルの名がある。…

※「広鼻猿類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android