コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適応放散 てきおうほうさんadaptive radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適応放散
てきおうほうさん
adaptive radiation

H.オズボーンにより提唱された (1917) 進化現象。同一の原種生物が,種々の異なった環境にすむと,それぞれの環境に適した生理的,形態的分化を起し,多数の異なった系統に分れること。時間の経過とともにその効果は強まる。この現象は地質時代を通じて数多く起り,爬虫類哺乳類について,生活の場所に関しては地上,地下,水中,半水中,樹上,空中に,また食性については草食,肉食,雑食などに放散した。オーストラリア大陸での多種類の有袋類マダガスカル島原猿類は例として有名で,生物が閉鎖的環境におかれると適応放散が著しく進むことが示される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てきおう‐ほうさん〔‐ハウサン〕【適応放散】

同類の生物が、さまざまな環境に適応して多様に分化し、別系統になること。オーストラリア大陸の有袋類が好例。他に、アフリカタンガニーカ湖シクリッドなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

適応放散【adaptive radiation】

オズボーン(H. F. Osborn)が古生物学上の資料に基づいて提唱した進化のタイプ.異なった環境において,ある一つの系統の生物がそれぞれに適した機能上の分化を起こし,多数の系統に分かれてくること.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てきおうほうさん【適応放散 adaptive radiation】

同一の起源をもつ生物の分類群が地球上の種々の異なった環境に適応する過程で,食性や生活様式に応じて著しい形態的分化を起こす現象をいう。1917年にH.F.オズボーンがティタノテリウムTitanotheriumの研究を通して認めたのに始まるが,地質時代を通じて種々のレベルの分類群にしばしば見られる現象で,進化学上の有効な概念となっている。オーストラリア大陸では未熟の状態で生まれる子を育児囊で保育する有袋類が適応放散し,フクロネズミ,フクロモグラ,フクロモモンガ,フクロアリクイ,コアラ,カンガルー,フクロオオカミなどが,あたかも旧大陸で有胎盤哺乳類が得たと同様のさまざまの生態的地位を獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てきおうほうさん【適応放散】

進化過程において、生物が異なった環境に適応して多様な形態的・生理的分化を生じ、比較的短い期間内で多数の異なった系統に分岐を強めていく現象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の適応放散の言及

【ダーウィンフィンチ】より

…これらの一連の鳥たちは形態・行動習性などにかなりの種間差が見当たるにもかかわらず,相互の類縁関係は明らかであり,とくに食物の違いによって変化しやすいくちばしの大きさや形に顕著な違いができている。このことから,ダーウィンは,中央アメリカか南アメリカから偶然にたどりついた祖先が,競争種のいない新しい島々で,それぞれの島やすみ場所に長い間過ごしたために,環境の違いに適応して多様な生活様式を展開し,もっとも変わりやすい形質や行動に変化が現れ,種の違いのレベルにまで達したと考えた(適応放散)。そのため種数が少ないにもかかわらず,著しく多様化しているグループである。…

※「適応放散」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

適応放散の関連キーワードオズボーン(Henry Fairfield Osborn)袋形動物(たいけいどうぶつ)ジャコウネコ(麝香猫)ダーウィンフィンチハワイミツスイムクドリモドキガラパゴス諸島マダガスカル第三紀霊長類カエル(蛙)セラタイト類ティラピア南アメリカ化石霊長類小笠原諸島セラタイトハワイ蜜吸新世界ザルチドリ目テンレク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

適応放散の関連情報