コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床子 ショウジ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【床子】

昔、宮中などで用いた腰掛け。板に脚をつけた机のような形で、寄りかかりがなく、敷物を敷いて使用した。

そう‐じ〔サウ‐〕【床子】

《「そう」は「しょう」の直音表記》「しょうじ(床子)」に同じ。
「上官などの居る―どもを、みな打ち倒し、損ひたり」〈・一六一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじ【床子】

長方形の板の四隅に脚をつけた腰掛け。そうじ。 「安福殿の釣殿に-たてて/増鏡 秋のみ山

そうじ【床子】

〔「しやうじ」の直音表記〕
しょうじ(床子) 」に同じ。 「 -どもを、みなうち倒し、そこなひたり/枕草子 161

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

床子の関連キーワード御物・御膳・御飯大床子の御物土屋 文明平敷の座土屋文明和家具宮始め枕草子装束上官床几朝餉毯代遥か釣殿椅子縁台

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

床子の関連情報