上官(読み)じょうかん

精選版 日本国語大辞典「上官」の解説

じょう‐かん ジャウクヮン【上官】

〘名〙
① 上級の官。高い官位の人。うわやく。〔文明本節用集(室町中)〕
侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉兵卒「理想的兵士は苟くも上官の命令には絶対に服従しなければならぬ」 〔後漢書‐任延伝〕
② 江戸時代、遊里で太夫(たゆう)の地位にある遊女の異称。太夫職。
※評判記・吉原買物調(1682)「去比まで、上官にて候へ共」

あげ‐つかさ【上官】

〘名〙 官位を高くすること。官の昇進。
平治(1220頃か)下「下野(しもつけ)は紀伊守(きのかみ)にこそ成りにけれよしとも見えぬあげつかさかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android