コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

度する ドスル

デジタル大辞泉の解説

ど・する【度する】

[動サ変][文]ど・す[サ変]
道理を言い聞かせて理解させる。納得させる。→度し難い
仏が悟りの境地に導く。済度する。
「菩薩、道(だう)を成(じゃう)じ給はん時に先づ我を―・し給へ」〈今昔・一・六〉
官府が出家の許可を与える。官府から僧尼として認める度牒を与える。
「勅あって宮中及び山階(やましな)寺にして一千の僧を―・す」〈性霊集・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どする【度する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ど・す
わけを言い聞かせて承知させる。納得させる。 「 - ・しがたい男だ」
仏が衆生しゆじようを救済し、彼岸の浄土に済度さいどする。迷いから救う。 「菩薩、道を成じ給はむ時に先づ我を-・し給へ/今昔 1」 → 度しがたい
官府から度牒どちようを与えて、俗人を僧尼にする。得度させる。 「一千の僧を-・す/性霊集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

度するの関連キーワード尊快入道親王(2)仁和寺宮深仁法親王勧修寺寛欽法親王尊英入道親王不空羂索観音地蔵縁起絵巻佐保山 晋円尊映入道親王高階 瓏仙浅草寺栄海転法輪の相辻村 泰円田中 智学無縁の慈悲尊性法親王世を済す南英周宗二仏中間活仏制度下化衆生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

度するの関連情報