コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭田経資 にわた つねすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庭田経資 にわた-つねすけ

1241-? 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
仁治(にんじ)2年生まれ。藤原公直(きんなお)の子。源有資(ありすけ)の養子。神楽(かぐら)をもって朝廷につかえる庭田家の祖。建治(けんじ)4年従三位。権(ごんの)中納言,按察使(あぜち)などを歴任。綾小路(あやのこうじ)前按察使と称された。正二位。初名は実泰,のち有忠,実連。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

庭田経資

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:仁治2(1241)
鎌倉中期の公卿。はじめ実泰,次いで有忠,実連と名を改める。従二位非参議藤原公直の子。母方の祖父は代々の天皇の郢曲の師,権中納言源有資。文応1(1260)年ごろまでに有資の子となり経資と改名。弘安1(1278)年公卿に列し,正応5(1292)年権中納言。持明院統の天皇に近侍したらしく,嘉元2(1304)年の後深草法皇の死に際し出家。法名生覚。庭田氏の祖とされる。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

庭田経資の関連キーワード庭田重資没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android