コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康誉 こうよ

2件 の用語解説(康誉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康誉 こうよ

?-? 鎌倉-南北朝時代の仏師。
正中(しょうちゅう)3年(1326)東寺大仏師・法眼として南大門仁王像と中門二天像を修理。貞和(じょうわ)2=正平(しょうへい)元年下野(しもつけ)(栃木県)遍照寺大日如来像をつくり,「運慶五代の孫」「法印」と銘記している。ほかに筑前(ちくぜん)(福岡県)大興善寺(だいこうぜんじ)如意輪観音像などがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こうよ【康誉】

鎌倉末~南北朝期の慶派の仏師。生没年不詳。東寺大仏師で法印となる。現存作品に栃木県遍照寺大日如来像(1346)があり,この像銘では運慶5代の孫と称している。この寺は足利尊氏の護持僧として活躍した醍醐三宝院の賢俊の開基で,康誉は賢俊を通じて足利氏の造仏を手がけたと推測される。後世の仏師系図によれば,七条西仏所の祖とされる。【佐藤 昭夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

康誉の関連キーワード院派慶派七条仏所定慶智永雪村三原物弘円康俊宗慶(1)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康誉の関連情報