廃用症候群(読み)ハイヨウショウコウグン

家庭医学館の解説

はいようしょうこうぐん【廃用症候群】

 脳卒中の発作後、ベッドに寝たまま、からだを動かさないでいると、まひ側の関節が固まって動かせなくなったり、とこずれができたり、健側の筋力が弱くなったり、高齢者の場合は、ぼけ様の症状物忘れ、日にち、曜日、いる場所などがわからなくなる、気力が低下するなど)が出てきたりします。
 このように手足を動かさなかったり、頭を使わないでいることによって生じるさまざまの二次的な合併症(本来、発生すべきではない、脳卒中とは直接関係のない症状)を廃用症候群と呼びます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

はいようしょうこうぐん【廃用症候群】

病気やけがなどで、長期間安静にしていることによって起こる弊害の総称。筋肉・骨組織の萎縮いしゆく、関節の拘縮、心肺機能の低下、意欲の低下、床擦れなど。特に高齢者においては、寝た切りの原因となることが多い。生活不活発病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android